ストイックすぎるIKKOさんの美容術を調べてみました。

今の時代は女子力を高めようと多くの人の間で美意識が高まっています。自分なりのケア方法できれいになりたいと考えていると思いますが、何より大切なことは正しい知識を身につけることが大切です。今回は、ストイックすぎるIKKOさんの美容術について紹介していきますの参考にしてみてください。

 

★スキンケア方法
メイク汚れが残っていると肌荒れの原因となってしまい、素肌力が衰えてしまうので、クレンジングは何より大切だそうです。洗顔料は、穏やかな肌あたりと確かな汚れ折りの両立がキメてとなります。IKKOさんが使用しているのは、ランコムのアイメイクアップリムーバーです。コットンにとって目元をおさえて、横にずらすように動かすだけでアイラインやマスカラがするりとおります。アクセーヌの洗顔フォームも、すすぎ後の肌がつっぱらないので調子がよく整うので気に入っているようです。

馬油パックです。睡眠不足が続いてしまったり疲れがたまったときなど何をしてもダメな時のIKKOさんの秘策は、夜のバスタイムにする馬油パックです。洗顔してから馬油をやや厚めにのせて湯船に浸かって5分から10程度おきます。オイル膜での密閉とスチームが角質を柔らかくしてくれて、不安なくらいガサガサにかさついてしまった時にも頼りになるパックとなっています。夜はこのパック、朝のメイク前にはローションパック、これだけでかなり肌を復活させることが出来るそうです。

フェイスマスクです。SK-Ⅱのリフティングマスクを定期的に使っているそうです。濃厚な美容液のうるおい、伸縮するマスク、Wの効果で化粧ノリが抜群の肌に導く事が出来るそうです。

IKKOさんの肌つくりの極意ですが、洗顔はその日の汚れはその日のうちにキレイに落とす事です。ゴシゴシこすらずに愛をこめて泡で包み込むように洗うのがポイントになります。また、保湿も欠かす事が出来ません。肌に話しかけるようにローションパックします。無意識にダラダラやっていてもきれいになりません。免疫力も大事で、体の免疫力は、人の心が左右されます。たとえ苦しいことがあっても明るく笑顔を忘れないようにする事も大切です。

また、食事で摂取する事が不可能な場合には、サプリメントなどにも頼りますが、健康の土台となるのはやっぱり食事です。できるだけ頻繁に取りたいと思っているのは、体を温めてくれて、食物繊維も豊富な根菜類を摂取するようにしましょう。

食事は健康にいいと言われているものと中心に食べるようにして、免疫力を上げて健康に良いと言われているお酒やプロポリスも取っているのですが、一番良く食べるのは、ネバネバ系の食品がお勧めできます。納豆や山芋、おくらなどを細かく刻んで混ぜて調味したものを常に冷蔵庫に用意しておくようにして、サラダのようにして食べるのが良いです。

睡眠時間が少なくても、少しでも眠りの質をアップする為に、ゆっくり湯船に浸かることは欠かせません。一番リラックスできるのは、自宅のバスタブと言われています。お肌のために、レモン風呂を楽しむ日もあれば花びらを浮かべてうっろち優雅な気分になれます。

自分に合った方法で少しずつケアを改善する事により、自分にできる方法を選択するようにしましょう。IKKOさんは、脚にこだわりがあり、色々研究しているそうです。老廃物質の乳酸など老廃物がたまると脚がだるくなってしまい、浮腫みの原因になってしまいます。

脚が疲れたと感じた時には、老廃物を流し去るように念入りにコロコロローラーを使ってマッサージしているようです。特に膝上は少し圧を強めに転がしているようです。日々のウォーキングも美脚作りのために役立てているようです。

生足のファッションを楽しみたいとときには、脚にもメイクをして、肌の色よりもワントーン濃い色のファンでをキメにすり込むように塗り上げるとより脚が引き締まって見えるようです。

ファンでは舞台メイクにも使われていて、夜にはクレンジングできちんと洗い落としています。ストッキングを履く場合には、はいているとわからないくらいシアーで、ツヤ感も絶妙なランバンのものをずっと愛用しているようです。

実際に美意識を高めるために自分ありに様々な方法で行っていると思いますが、自分に合った無理のないように行っていく事が必要となってきます。実際にコンプレックスを抱えている人も多いと思いますが、自分なりにできる美容法から始めてみるのが一番大事です。

何より大事なことは、湯船に浸かることを意識する事が大事で、湯船に浸かる事により、リラックス効果を高める事が出来ますので、シャワーで済ませるのでなく、湯船に浸かることを意識するようにしましょう。

PR: ホワイトショットsx

ゆっくり湯船に浸かる事により、疲れも癒す事が出来ますし、身体のケアも同時に出来ますので、是非、湯船に浸かることからスタートしてみるようにしましょう。面倒と感じる時もありますが、体の疲れを癒す事も美に繋がっていきます。